ENTRY

MEMBERS Q&A #03

挑戦を後押ししてくれる
環境がある。
だから成長できる速度が違う

Y.F.
技術部
2013年入社
技術
  • イメージ写真
    1. Q1.仕事内容とやりがいについて

      現在、港の大型クレーンの逸走防止用レールクランパの設計を担当しています。近年、クレーンが大型化する傾向にあるため、風にあおられやすくなり、レールクランパに求められる出力も大きくなっています。事故を未然に防ぐため、お客様からさまざまなご要望をもらいますが、それらに柔軟にお応えできるのが三陽の強みであり、その点に魅力を感じています。

    2. Q2.仕事をするうえで心掛けていること

      これまでの経験や、尊敬する先輩、上司から教わったことを活かし、不慣れな後輩たちが働きやすい業務環境を整えることを心がけています。例えば私たちのメイン業務のひとつである設計はミスする箇所が似通っていることが多いため、過去に間違った箇所を示したり、データをストックしたり、後輩が安心して設計に取り組めるようサポートしています。

  • イメージ写真
    1. Q3.仕事で一番大変だったこと

      私たち三陽の製品は、国内、海外のお客様から信頼していただいている一方で、常にコストダウンの課題がついて回ります。そこで、主要部品の一部を海外で製造することに挑戦しました。最初は思った通りに仕上がらず苦労しましたが、打ち合わせや指導を繰り返し、何とか納入できました。その時は言い得ない達成感がありました。

    2. Q4.私が三陽を「好き」な理由

      三陽には「こんなことがしたい」「こんなニーズがあるから応えたい」と提案すると、若手の意見でも肯定的に受けてもらえ、後押ししてもらえる環境があります。もちろん責任が伴い、プレッシャーもありますが、その環境がモチベーションにつながっています。また、一人で担当できる範囲が大きいので成長の速度が違います。皆さんにも失敗を恐れずに挑戦してもらいたいと思います。

※掲載している内容(所属・役職・業務内容など)は取材当時の情報です

SANYO KOGYO, SANYO SHOJI
RECRUITMENT SITE
新卒採用
ENTRY
あさがくナビ
キャリア採用
ENTRY
TOP